デフレエギのドレスアップ

はこちら



先日大量に買い込んだ地味カラーや薄々の塗装の¥120のデフレエギを 
派手派手カラーの釣れそうな雰囲気にドレスアップチューニングしてみました
金パラエギの完成です!
(若干シャレが入ってますが...)
お金をなるべくかけないでチューニングする事をポイントにおいてます。


シンカーの形を修正 バランスを取る




根掛かりが少なくて 追加のシンカーを巻き易い形状にしました。
一度シンカーをはずし カレー用スプーンを使いガスレンジで炙り完全に溶す。
急冷し 小型ハンマーで少しづつ叩きながら形を整えます。
エギへの取り付けは、木工用の接着剤か瞬間接着剤を取り付け部に
予め流し込みバランスの位置決めします。
完全に固まった後に小型の釘を横から打ち込み終了です。最後に金パラに塗装


全傘を修正
傘のスッポ抜け防止対策





根掛かりの少ない形状に修正 全傘の下の針を水平以上になるよう曲げます。
スッポ抜け対策は、接着剤を付け根部分に流し込みます。最後に金パラに塗装




目玉を上側に移動




目玉が入る部分1〜2mmくぼみをつけます。
取り付けた際目玉がエギにめり込んだ状態とします。
釘と接着剤で固定 最後に金パラに塗装




ボディ部の塗装
金テープの追加





蛍光オレンジ色と金パラ塗装を施します。傘等必要に応じてマスキングします。
塗装は、2度塗りします。
金テープを入れる場合は、エギの腹にある切れ込みから溶剤等で接着剤を溶かしながら
布を少しづつ剥がしていきます。


栄光オレンジスプレー  金メッキスプレー ラッカーうすめ液 綿棒 キリ

金テープに改造前のデフレエギ
塗装と傘 シンカーは改造済み
本来はシンカー等全て取って行ったほうがよりきれいに貼れると思いますが
今回は簡単金パラ変身を行います

お腹の切れ目


綿棒に溶剤をしみ込ませて切れ目を中心にお腹全体に塗る10秒程度置 切れ目部に入れ込まれている布をキリで引っ掛けてお腹の布を綿棒で溶剤を塗布しながら引っ張り出していく

中のテープを剥がしてもいいですが 今回はお腹を金パラしますので この上から貼ります

金テープを適当な長さにキリ貼り付けます

片側終了

両側終了
布の内側に木工ボンドかのりを薄く塗ります

布を引っ張りながら切れ目に布を小型マイナスドライバーで押し込んでいきます
両側とも同じ要領で押し込み最後に切れ目部にゼリー状の瞬間接着剤を流し込みます


完成!!! 金テープエギに変〜身


金パラエギの完成!!
うすうすのオレンジだったので蛍光オレンジで塗装 もとは緑エギです
茶のハヤシもどきエギをオレンジと金パラに変身 ¥120とは思えない変身
ヤマシタのエギ
もとは金テープ+ピンク

シンカーと傘と目を金パラ塗装
ボディはオレンジを追加しツートンに変身