(別名、モイカ)
和名 アオリイカ (Sepiotenthis Lessoniana Lesson)
九州ではモイカ、ミズイカ、関東ではバショウイカ、他にクツイカ、バカイカ、タチイカ、 シロイカ、イズイカ と呼ばれております

寿命は1年です。甲イカやスルメイカなどと比較すると味が濃く大変美味しいイカです。釣上げた時は目の周りがコバルトブルーで大変き

れいです。冬場は、沖に出ていますが、5〜6月の産卵期は沿岸まで近寄って来ます。藻場のある潮通りのよい波止や磯であれば釣ること

ができます。アオリは、大型で5kg程度の物もいます。新子は9〜12月に釣れ出し、波止や湾内で小型から中型が狙えます。

500gクラスの小型でも引きが強くヤエンの場合は、チヌ竿か磯竿が必要です。エギの場合は、腰の強い7又は8フィートがよいと思い

ます。私はヤエンの時は、チヌ竿1.5号 5.4mと磯竿2号 5.4mをエギは、PEラインを使用する関係で中通し竿 7.6フィート

を使ってます。やり取りは、チヌに似た雰囲気で緊張と興奮の連続です。釣上げた後は爽快です。


藻場で産卵中 アオリイカの群れ


各部名称


メスは白い斑点があります

オスは白線があります