ヤエンとは?
アジの泳がせ釣りの際取り込み時に使用します。 イカがアジを抱き込んだ時に竿先より道糸に引掛けて ロープウェイのように海中に投入しイカを引っ掛ける道具です。 



ダイワ(Daiwa) バトルゲームOKヤエンRーM(茶)
ヤエン   
挟み式ヤエン ダイワ
バトルゲームOK
ヤエンR L 赤
オーナー針
掛獲ヤエン L
アオリヤエン はなれ針LL1 ヨーヅリ サイレントヤエン M(1.5号) がまかつ ヤエンの忍者 景丸 川せみヤエン
小室バージョン
YAMASHITA
アオリヤエン大物
カツイチ
IKAクラ
オカサンヤエンM
カツイチ
コブラヤエン M
バトルゲーム 
ヤエンラインN 
150m 1.5号
ダイワ
バトルゲーム・
ヤエンスタンド ブルー
ヤエン手持ち竿
バトルゲーム
アオリワン51
ダイワ バトルゲームOKヤエンRーL(赤) カツイチ(KATSUICHI) IKAクラ オカサンヤエン スペシャル L カツイチ☆コブラヤエン S YO-ZURI☆サイレントヤエン Lサイズ がまかつ仕掛 ヤエンの忍者 景丸(かげまる) M

市販のヤエンは塗装がない物もあるため黒に塗って使用します。
どれほどの効果があるか分かりませんがイカは、金属のキラキラ感を敬遠すると言う説があるので黒に塗ってます。
時期によっては茶色やイカの周りの海草色に塗っている人もいるようです


ヤエンを使った釣り方は?
必要な小道具


竿

磯竿かチヌ竿の1.5号か2号で5.4m〜6m程度 最近は各メーカーより専用竿を発売されてます

 ダイワ(Daiwa) BATTLE GAME AORI ONE1(バトルゲームアオリワン) 51 (06574880)



リール

リールは、ドラッグ調整ダイヤルが後部に
付いたタイプのリールが望ましいです。
フロロの2号程度で150m巻き可能な物

ダイワ バトルゲーム 3050アオリ



餌入れ(活きアジ入れ)

10匹程度アジを入れますから大きめでスカリ機能を持った物がいいです 
エアーポンプは安物(1500円前後)
でも完全防水タイプであればOKです。(換えの電池も必要)
アジを手で直接握るとアジが弱り易いので、アジネットをお勧めします。

第一精工(DAIICHISEIKO) アジバケツ30cm

【オススメ品】ナチュラム アジバケツ+アジネット+ブクブクNo104 アジ三点セット02P25Jun09

第一精工(DAIICHISEIKO) アジネットDX



エアーストーン

エアーが全体に広がるようなタイプがよいです。釣具屋で売っている物でなく
熱帯魚店とかホームセンターの熱帯魚コーナーで取り扱っている物が安くて
性能がよいのでお勧めです。


玉網かギャフ

チヌ釣り等で使われている5m前後のなるべく軽い物がいいでしょう

 第一精工(DAIICHISEIKO) オートキングギャフ 500ガンメタ



照明

高輝度のヘッドライトまたは強烈スポットライトがいいでしょう
取り込みの際必ず使いますのでお忘れなく



ヤエン

季節によって大きさが変わります 11月から5月頃はL LL 7.8.9月は
S.Mがよいでしょうロスト(藻に引っかかって回収不能)
も考えて多めに持って行くほうがいいかも



はこちら

さぁ〜ヤエン釣り開始

釣り場に到着したら先ずサビキでアジをGETします。
これが以外と大変で、思ったような型の
物が釣れなくて、活きエサ屋さんに買いに走る事もたまにあります。釣行前にアジが釣れてるか、情報を取って行ってください。
私は最悪の状況を考えて、5〜10匹程度活きアジを買って行きます。

アジがGET出来たらいよいよ釣り開始です。
アジの尾の付け根に糸を取り付けるわけですが、私は引きとき結び冠付き釣針(チヌ針など)でやってます。引きとけ+針のメリットは、。アジの尾に縛りをいれないで針のみでやった場合は、アジをキャストする時など針を刺しているゼイゴの部分に直接力が加わりアジに大きな負担をかけます。つまりアジの弱りが早いと言うわけです。引きとけで尾の部分を縛ることでアジに必要以上の負担をかけなくてすみます。必ず縛りをいれてください。
引きとき結びは、最初に結びを作っておくと輪の部分を引くだけで簡単に緩んで、素早くアジの取り替えができ、便利ですよ。
逆に針を使わず
直接「引きとき」で縛った場合、イカをバラシたりした時にアジの尾が糸から抜け落ち、糸先がフリーとなりヤエンを紛失する可能性があります。


引きときでしっかり縛った後、針は背骨を避けてゼイゴの部分にしっかりと刺します。間違って背骨にハリを刺し血が出るとアジの弱りが早くなります。

アジを付けたら約5〜10m程度投げ当たりを待ちます。水深のあるような場所であれば、足元からアジを泳がせる事もあります。アジが確実に底に向かって泳いでいるか常に確認してください。
針の刺し位置が悪かったり、弱っているアジの場合、海面に浮いて潜って行ってくれないアジがいます。中層から底を泳がせないとイカは乗ってきません。アジが浮き気味の場合は、ラインを緩めるか再度投げ直します。
どうしても沈まない場合は、針元に丸玉3B程度の錘を打ち沈ませるか、アジの腹を軽く押し腹の中のエアーを抜きます。あまり押し過ぎるとアジが弱りますのでアジの状態を見ながら行ってください。最近は、アジの腹下の堅い部分に取り付けて沈める、専用のシンカーも売ってありますので利用してください。他にシンカーは、水深のある釣り場などでも使用します。

アジにイカがノッタ時に勢いよく走り出すため、予めリールのドラッグはゆるゆるに緩めるか、リールのペールをフリーの状態にしておいてください。

イカが近くにいない場合は、アジの動きが竿先にリズムを刻む様な感じで伝わって来ます。
夜間の場合は、竿先にケミ蛍ミニを付け竿先の動きを確認できるようにしておきます。

イカが近くに来ると、アジが必死で逃げようとするため竿先が激しく動きます。
竿先の動きが止まり、竿先がオジギをした状態となった時がイカがアジを捕らえた時です。

念のためイカがノッタかどうか軽く竿を上げてみて、ずっしりとした重みがあるか確かめてみます。重いようでしたらそっと竿を置き2〜4分(アジの大きさにより違います)待ちます。イカに充分アジを食べさせます。

その際引きがガンガン来る場合は、どんどん糸を出します。
糸の出が止まり、イカが乗って2〜4分経過したら、ゆっくりラインを巻き上げてきます。
アオリイカは、アジを食べ始めてある程度時間が経過すると食べることに集中し少々何があってもアジを放さなくなります。
特に頭を切り落とし内臓を食べ始めるとその傾向はなおいっそう強くなります。
中層より上まで巻き上げていよいよヤエンを投入します。(約45°の角度で)
ラインをゆるゆるにし、ヤエンをSETし、ラインが斜めになるようにやや竿を寝かせ投入します。ヤエンが海面に到達するまでヤエンとラインのからみを避けるため手でラインをピッと張ります。
ヤエンが海中に入った後は、糸ふけを取りラインを「やや張りぎみ」「すばやく緩め」たりの動作を2〜4回行いヤエンをアジの下まで確実に送り込みます

上記でご紹介したやり方の他に、最近は「ヤエンの早撃ち」も流行っており、ここでちょっとご紹介しときます。アジにイカがノッタのを確認し「アジの持ち替え」(岡師匠考案)を行います。やり方は、竿先でラインを張り、素早く竿先がまっすぐになるまで戻します。これを2〜3回繰り返し行います。この動作をする事で、アジとイカが一直線となり、ヤエンがかかりやすくなります。その後直ぐにヤエンを投入します。投入の仕方は上記と同様に行います。

ヤエンがイカにかかったら強烈な引きがきます。
いつまで待っても引きが来ない場合は、イカがバレたか何かのトラブルで途中でヤエンが止まっています。
かかりを確実にするため一瞬合わせを入れます。
強烈な引きが何度となくきますが ドラッグの調節をしながら竿を立てやり取りをし耐えます。(耐えることでヤエンががっちり掛かります)
引きは一般の魚と違い波状的にきますから、イカが止まった時にゆっくり巻き上げます(もちろんドラグ調整して) 無理やり巻き上げるとヤエンががっちりかかっていても身切れしてバラしてしまうことがあります。
イカは海面より多少でも上がってしまうと 得意のジェット噴流が使えなくなるため急に大人しくなります。小さいやつはそのまま上げる事もあります。

最後にタモかギャフですくいます。
取り込みは足からではなく頭からすくいます。
ギャフの場合は頭の下にかけます。